本と映画のれびゅう

泣いたり笑ったり。

「知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)」は、はっきり言って勉強になる。

スポンサーリンク

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)   /   池上彰(著)

 

知らないで損するって一番イヤじゃないですか!?

項目を「お金の歴史」、「銀行」、「投資」、「保険」、「税金」、「ニュースの中のお金」、「身近なお金」にわけて実に丁寧に説明しており、読者はまさに学校の生徒となって素直に聞けば(読めば)、大袈裟ではなくここに書かれている内容は簡単に理解できると思います。この本を読んで池上彰がひっぱりだこになっている理由がわかりました。

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

ではどういうことを知ったのか?例えば・・・
  • 投資全般の知識。特に今まで聞くに聞けなかったFXの大まかな仕組みが分かった。まさに"FX stand for Foreign exchange"って感じでそのまんま。レバレッジってちょっと怖い。知人でもやっている人がいるが勇気あるなあ。
  • 家を買うと転勤させられるって一般的にある話だったんだ!しかしなんか住宅ローンという人質をとっているみたいでひどい話ですよね。
  • ローンと信用実績についての部分。サラリーマン万歳。そんなに信用があるのかあ。自分はバリバリのサラリーマン(バリバリ働いているわけではない)ですが、自分の信用なんて考えたことが無かった。要約すると、例えば芸能人が数千万の家をポンッと買っても金融機関に対する信用度は上がらない(もちろん担保としての価値はありますけどね)。しかし、サラリーマンが安月給からコツコツと住宅ローンを払うことが金融機関に対しての信用となる、と。そうなんだ!?
  • 年金は長生きするリスクに備えてのものって、そうか~なるほど!

 

とまあ、例えばこんなレベルでいちいち感心しながら読みました。

でも、私が上記にあげたようなある種豆知識的なものを得るたぐいの本ではなく、もっと体系的にお金についての理解が深まる本です。

他の著作も読んでみようっと。