本と映画のれびゅう

泣いたり笑ったり。

とにかくその通りに料理すること!「LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。」について。

スポンサーリンク

LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。/飯島 奈美(著)、糸井 重里(著)

手元にある実際に僕が使っているものは濡れてよれよれになっている、大好きなレシピ本について書きます。

映画「かもめ食堂」と「めがね」を観た人は「なんて美味そうなものばっかり出てくる映画なんだ!」と思ったのではないでしょうか。フツーのメニューなのにとにかく美味しそうなんですよね!

その料理を担当したフードコーディネーターの飯島奈美が書いたレシピ本です。映画を見てこれが食べられたらなあと思っていた僕は、発売と同時に買って、料理を趣味の一つとするキッカケにもなりました。飯島奈美さん、本当にありがとうございます!

LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)

LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)

  • 作者: 飯島奈美,糸井重里,ほぼ日刊イトイ新聞
  • 出版社/メーカー: 東京糸井重里事務所
  • 発売日: 2009/03/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 24人 クリック: 323回
  • この商品を含むブログ (153件) を見る
 
この本を使った感想。

さて、ここで紹介するまでもなく有名な一冊ですが、本当に良い本なので「料理に興味があるけど何から始めたらいいかわからない。」という男性などに最適だと思います。

「簡単料理」的な本ではないので下ごしらえからしっかりしており、一通り作ってみると基礎的なこともなんとなく身についていたりします。逆にいうとある程度の時間を使って向き合うことになりますが、これが楽しいんですよね。

写真つきでとても細かく手順が載っているので、ほとんど料理をしたことがない男性でも大丈夫です。ただし、包丁を少しは使えないとちょっと難しくはありますが。

なんか途中の写真があまりなくテキストだけで進めていくレシピ本もありますが、あれで作るのは難しいですよね。果たしてこれであっているの!?と不安になる(笑)

 

僕は実際にこの六つを作りました。
  • おとうさんのナポリタン
  • おうちデートのミートソース
  • お休みの日のパパカレー
  • かもめ食堂のしょうが焼き
  • 家族が揃った日の炊き込みごはん
  • 忙しい日の親子丼

どれも素晴らしいクオリティでした。作っているのは僕なのに(笑)

特にミートソース、むちゃくちゃ美味しいです!もう何回も作っていますが、最初「これを僕が作ったのか!?」となんかキツネにつままれたような気持ちになりました。

とにかく本に載っている通りに作ってみて、というようなメッセージがありますが、これを実践した方がいいですよ。

親子丼は比較的簡単です。“忙しい日の”とあるくらいですし(笑) 炊き込みごはんは難しめだった。でもやっぱりその通り作ると(つまり手抜きなし)美味しいんですよね。

あわせて、料理にまつわるエッセイを、よしもとばなな、重松清、谷川俊太郎、糸井重里が書いています。むちゃくちゃ豪華ですよね。さすがほぼ日。

以上、「LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。」について書きました。