本や映画の感想集

最近はThe Doorsを聴いている

ブログは毎日更新してこそのもの…

スポンサーリンク

と友人に言われたけれど、なかなか難しいですよねー。それって日記なのでは?と思ったけど、でも継続はナントカなりだし。

 

今日はちょっと悲しい事がありました。以前一緒に働いていた歳下の友人にメールしたら送れなかった。メールダエモンみたいなメッセージが返ってきた。それ分かる!って言われたことがあるけどわかります?笑

 

その友人は非常に優秀で前にあった時、と言っても数年前ですが、シンガポールあたりに引っ越すかもとサラッと言っていたのでたぶんそれで携帯も新しくしたのかなあ。それだと連絡ないのは悲しいので、今のところ水没して連絡先が分からなくなっているということにしています。

でも人との関係というのは不思議ですよね。年とってくると10年会ってないとか結構普通だけど、じゃあ疎遠かって言われると別にそんなつもりもないし。このままいくと50年会ってない二駅先に住む親友、みたいなのも起こり得るかも。これはすごい。心の中に存在している限り、仮にその人が亡くなっていても、そこには確かに存在するみたいなちょっと哲学的な話になってくるかも。哲学かあ。単位取れなかったな。

寝る前にちょっと文章を書くという行為はなんらかの作用が働くことは間違いないですね。ちょっと挑戦してみようかなー。

f:id:waytogo:20170516020252j:plain

 

僕の大好きな哲学書。永井均さんの本は何冊か読んでるけどどれも面白い。本棚からチラリと視界に入った時、なんか安心するんです。そんな本はなかなか無い。

 

 

翔太と猫のインサイトの夏休み―哲学的諸問題へのいざない (ちくま学芸文庫)

翔太と猫のインサイトの夏休み―哲学的諸問題へのいざない (ちくま学芸文庫)