本や映画の感想集

最近はThe Doorsを聴いている

雑誌がやめられない。WIRED (ワイアード) VOL.28

スポンサーリンク

というかやめる必要なんてないか。

AERAはほぼ毎号買っている。人の不安を煽りまくるSP●なんかよりよっぽど鋭く正確な視点で世の中を見ていると思う。

 そしてWIREDもほぼ毎号買っている。

僕は完全に文系の人間なので、この雑誌から科学、コンピュータサイエンス、IT関連の情報なんかを得ている。と言っても理解できているかというと全く理解できていないが、そのエッセンスを入れるだけで、知らないよりはずいぶんマシだと思う。テーマ選びと切り口・語り口のうまさが僕のような無知な人間でも楽しめるのだと思います。用語の意味もろくにわからないのに、、、

 

28号の「Making Things ものづくりの未来」特集号も面白かった。一切ものが作れない僕が読んでも面白い、というか何も作れないからこそ、その雰囲気に対して憧憬の念を頂くのだと思う。工場や作業場、アトリエなんかの写真はたいがいかっこいいものだし。あれなんなんでしょうね。

WIRED (ワイアード) VOL.28 /特集「Making Things ものづくりの未来」

WIRED (ワイアード) VOL.28 /特集「Making Things ものづくりの未来」

 

しかしこの号で僕が一番面白かったのは、マケドニアでたくさんのフェイクニュースサイトが作られ、アメリカ大統領選挙にも影響を与えたという記事。ネットの記事を鵜呑みにしてはいけない、とかそんなレベルじゃない、ここまでくると。

でも雑誌ってめちゃくちゃ場所とる。それに一冊に必ず一つくらいは気に入った記事があり、なんとなく捨てられないし。せめてkindle版にかえようかなあ。