本や映画の感想集

最近はThe Doorsを聴いている

2017年10月 容疑者Xの献身を読んだ。

スポンサーリンク

容疑者Xの献身 (文春文庫)

 

2017年現在、こんなことをブログに書いているのは僕だけかもしれない。いや、間違いなく僕くらいだろう(笑)

かっこつけるわけではないが、僕は所謂ミステリー、エンタメ小説のような作品をこれまであまり読んだことがない。本当にかっこつけているわけではない。つまり大して本なんか読んではいないという所に帰結する。勉強不足だ。だからこそこんな誰にも読まれないブログを書いて、少しでも本を読むきっかけになればいいと思っている。いや待て、漫画のことばっかり書いてないか。まあいいや、、、

そんなことはどうでもよくて、容疑者Xの献身はどうだったか?東野圭吾はどうだったか?という点については、「最高です」と言いたい。まず、(ただ文章を目で追うだけで、こんなにスラスラと入ってくるのか)という驚きがあった。これはミステリー、エンタメ小説を書く上でとても大切なことではないだろうか。用語が難しい医療モノのような作品でも、おそらく優れた作品はこうだろう。そしてストーリーについても(よくあるような話だよなー)とか思っていたが、僕の日常はここに書かれている世界とはほとんど接点がないし、こういった家族内のトラブル、こういった恋愛、職業などとも接点はない。そりゃ弁当屋さんくらいは行くけど。なのに「よくある話がベースになっている」と思わされるところに、東野圭吾の上手さがあると思う。

あと一点、これは的ハズレだと笑われるかもしれないけど書きます。

東野圭吾(というか容疑者Xの献身)は初期の佐藤正午作品にかなり近いものを感じました。作者の干支が一回りくらい違うだろうから(適当です!)当然違いは生まれるだろうけど、世界観、空気感、面白さの質は同じだなあと思った。僕だけかな?

容疑者Xの献身、とにかく最高でした。

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)